国内旅行,  旅のお役立ち

国際線との違いは?!飛行機の「国内線」に乗る時に勘違いしやすい手荷物のこと。

飛行機の「国際線」「国内線」って、
荷物についてのルールがちょっとだけ違います。

短い国内線のフライトですが、
知っていると、ちょっと得するかも?!

勘違いしやすい飛行機の荷物について、ご案内します。

 

Q1.ペットボトルは飛行機の国内線に持ち込める?

お客さんを連れて手荷物検査場につくと
「ペットボトル捨てないとっ!」
という声がよくあがります。

国内線に乗る時にペットボトルは……

 

答え:持ちこめます!

 

国際線の飛行機と混同しやすいのですが
国内線は、ペットボトルは持ち込み可能です。

ただし、手荷物検査にてチェックがあるので
かばんの出しやすいところに入れておき、
手荷物検査台では出してトレイに乗せましょう。

X線を抜けたところで係の方が
ペットボトル用の機械で確認すると
無事に返してもらえ、持ち込むことができます。

 

Q2.飛行機の国内線「液体類」は手荷物で持ち込める?

国内線ならば荷物も少ないし、
全て手荷物で持ち込む人もいますね。

そんな時に気になるのが、化粧水などの液体のこと。

答えは

答え:持ち込めます。(ガソリンなどはもちろん不可)

ペットボトルでなければ、
手荷物検査で出す必要もありません。

国際線では100ml以下のボトルのみ、
1リットルまでというルールがありますが
現在のところ日本の国内線には関係ありません。

普通に化粧ポーチに入れたまま、
手荷物として持ち込めます。

 

Q3.バッテリー類は全て預け荷物に入れておけば身軽で安心?

荷物を全て預けて、できるだけ身軽に
飛行機に乗りたい方も多いです。

しかし、これは×

答え:充電式のリチウム電池は、必ず手荷物にしましょう。

充電式のリチウム電池による発火事故があることから
預け荷物に、充電式の電池を入れるのはNGです。

これは国内線も、国際線も同じです。

預け荷物に入ったままだと、
飛行機の搭乗ゲートで呼ばれる可能性があります。
(そこで荷物を渡され、出すように言われます。)

フライトの安全のためなので、必ず出すようにしましょう。

 

安全な空の旅を♪

「国内線」の飛行機で、
勘違いしやすいことをまとめてみました。

 

ルールを守って、楽しい空の旅をお楽しみ下さい。

 

合わせてこちらもどうぞ♪
重くて苦労してない?!旅行の荷物を減らすための、パッキングの考え方と方法。

 

LINEで送る
Pocket