国内旅行,  旅のお役立ち

【旅のお役立ち】綺麗な紅葉を見るためのポイント!

9月に入り、だいぶ過ごしやすくなってきました。

山では秋の高山植物が咲き始めています。となるといよいよ紅葉シーズン。

紅葉といえば、まだだったとか、遅かったとかそんな失敗も多いと思います。

毎日、お客様をお連れしていると、良い時も悪い時もありました。自然なので、誰のせいでも無いのですが、せっかく楽しみに参加している方を見ると心苦しくなりました。

そこで今回は、今までの添乗員経験で感じた、ちょっとでも紅葉を外さないためのポイント
お伝えしたいと思います。

★基本編:まずは行き先を考える。時期を調べる。

早めに行きたい場所と、例年の時期を調べましょう。
紅葉はまだだと思っていたら終わっていた、なんてことが無いように。
インターネットを使えば、「行先の名前+紅葉+時期」で時期が簡単に調べられます。

★紅葉を外しにくい行き先は都会よりも「 山 」に行くこと。

2000とか3000m級の山の紅葉は、ざっくり例年9月下旬~10月中旬あたり。(場所にも寄ります。ざっくりなのでちゃんと調べて下さいね。)都会で暮らしていると、10月下旬、11月頃にまわりが色づき始めて、秋だなぁ、紅葉見に行きたいなぁなんて感じ始めますが、その時すでに山の紅葉は終わっています。

山の紅葉がはずれにくい理由は、標高による高低差があることです。

高い所から順に紅葉しはじめ、下の方へ降りていきます。長く楽しめるのが山の紅葉なので、どこかの高さでは楽しめる、という可能性が上がります。ちょうど中腹辺りが紅葉の時、山の上から茶色→紅葉→緑色というグラデーションになっていてとても綺麗だったことがありました。

★紅葉ツアーに参加する場合。

ツアーは同じ行先、同じ内容でも2週間くらいずらして日にち設定しています。
例えば同じ内容の京都紅葉ツアーが11月10日~11月25日まで毎日出ていたとします。
しかし、11月10日の京都と、11月25日の京都では、だいぶ紅葉の様子も違うことでしょう。

いつを選ぶのが正解なのか?!

それは天のみぞ知る。自然のことなので何とも言えません。
ただ、旅行会社も例年の色づきを調べて日程を組んでいますので

①狙うなら真ん中あたりの日、15~20日辺り (例なので日程はきちんと調べて下さいね。)が無難です。

紅葉は、天候や気温によってズレます。 早まっても、遅くなっても、多少のずれなら傷が浅くなるのが真ん中辺り。逆にずれた時に、10日とか25日に申し込んでいるとダメージが大きいかもしれませんし(全く見れなかった!とか)逆にずれてラッキー♪ということもあるかもしれません。あくまで個人の体感と、確率の問題なので保証はできませんが。ただ昨今の異常気象はかなりネックで、2週間もずれたということもあります。そこで、もう一手。

②少しでも遅く申し込む。ギリギリまで様子を見る。

お仕事や家庭の予定などもあるでしょうし、ツアーが満席にある可能性もありますが
ホームページなどで情報収集をしましょう。
余裕があれば、色づき始めを見て申し込むと確実でしょう。

★テレビの紅葉番組に踊らされないこと。

有名な女優さんが、秋の紅葉を楽しむ旅番組、よくあります。
添乗をしていて、実際に現地の様子を感じながら、

もう、そこの紅葉終わりかけてるけど、、、

って思うことがしばしば。

生放送は別として、そうでない場合は撮影→編集→放送という流れなので
テレビ放送される頃には紅葉も終わりかけで、じゃあ週末に行こうとなった時には終わっているかもしれません。

というわけで、テレビを信じすぎずに、ネットで調べてからいきましょう、というお話です。

★終わりに。

正直、添乗員として行きたくない仕事が、まだ始まっていない桜と紅葉のツアー、ほぼ終わりの桜と紅葉のツアーです。

だって

お客さんは綺麗な桜や紅葉を求めてやってきます。

しかし募集型ツアーの場合、ツアー内容を変更するとかキャンセルするとかそんな権限は現場の人間にはありません。

自然相手なので、仕方ないことではあるのですが、とっても心苦しいしせっかく楽しみにしているお客さんには申し訳なく思います。

私が上で書いたことを実践しても、必ず綺麗な紅葉が見られる、と保証するものではありません。
しかし、少しでも失敗しないように、参考にして頂ければ幸いです。

*余談ですが、紅葉って年によって綺麗な年と、色づきがいまいちな年とあります。
それには寒暖差や、日照時間とか、色々あるようなんですが、今年は夏に曇りや雨が多かったので心配です。私も綺麗な紅葉を見たい、そして撮りたいので、綺麗な紅葉が見られますように♪

One Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です