エアーズロック
旅のお役立ち

オーストラリア「エアーズロック」が2019年ついに登山禁止に。

オーストラリア エアーズロック

少し前にニュースになっていました、
オーストラリアでも有名な一枚岩「エアーズロック」の登山禁止措置。

2019年10月26日から
観光客は、完全に登山禁止となります。

昔から、いつか登れなくなるよ~と聞いていましたが、
ついに決まったか、という感じ。

これについて少しご紹介します。

登りに行くか、行かないか、迷っている方は参考にどうぞ!

エアーズロックの場所

エアーズロックは、オーストラリアのほぼ中心に位置しており、赤い大地が広がる「ウルル・カタジュタ国立公園」にあります。

エアーズロックの標高は868メートル、周囲9.4キロ。
世界で2番目に大きい一枚岩です。

「ウルル」という呼び名

エアーズロック

エアーズロックは、アボリジニーの言葉で「ウルル」と呼ばれます。

この地は古くからアボリジニーの聖地で、1万年程前から住んでいるそうです。

周囲には古いアボリジニーの壁画が残されていたり、エアーズロック以外にも聖地と呼ばれる場所がいくつもあります。

ウルル=エアーズロックの登山禁止

エアーズロック
この周辺の土地はアボリジニ所有のものと決められています。
そこにオーストラリア政府がお金を払って入場する、という形で観光業が行われています。

これを良しとしないアボリジニーの間で、度々「登山の是非」について論議されてきました。
アボリジニたちにとって、エアーズロックは聖地であり、一部の祭司以外は登ることはできない神聖な場所なのです。
そこへ観光客たちがやってきて、気軽に登ることもそうですし、急な坂から転落して亡くなる方もいたため、それを良く思わないのです。

しかし観光はアボリジニにとっても大切な収入源となることから、今まで登ることは禁止ではありませんでした。

エアーズロック

私は添乗員時代、2度エアーズロックに登りましたが、オーストラリアに住む人と、アボリジニーの間のわだかまりのようなものを現地で感じました。

エアーズロック周辺観光ツアーには、現地ガイドさんがつきます。
たいていはオーストラリアに住んでいる日本人の方です。

オーストラリア政府とアボリジニからの許可をもらった方で、夕日ポイントや、日の出ポイントなどの絶景を案内してくれました。

そして、エアーズロックの登り口までは、ガイドさんも案内してくれます。

しかし、ガイドさんは結して一緒に登りません。

彼らは、アボリジニーと普段から密接に関わりも持っているため、彼らに配慮してのことでしたし、もしかしたら言わないだけで、登山を禁止されていたのかもしれません。

エアーズロックに登るかどうか

エアーズロック

エアーズロックに登れなくなるのは観光客としては残念ですが、エアーズロックの魅力は登ることだけではありません。

むしろ、赤茶色の肌に、太陽の光が当たる姿こそ美しかったですし、荒野に広がる夜の星はとても綺麗で感動でした。

登山禁止後は、一時的に観光客は減るでしょうが、少したてばまた、エアーズロックの美しい姿を見に訪れる人も増えるのではないでしょうか。

エアーズロックに登りたい、という方は禁止になるまでに登りに行きましょう。

アボリジニーに配慮して登らない、という方もそれで良いと思います。

こちらも参考にどうぞ
→ 【海外】雄大な世界遺産「エアーズロック」を満喫

 

★お知らせ★

「旅」×「写真」をテーマに仕事しています。

仕事メニューはこちらから!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です